バイナリーオプション業者評判ランキング~安心できる業者を厳選!

【バイナリーオプションの業者を評判から選ぶ!】数多くの「実際に取引している人」の評判を集めて、安心に取引できる業者のみを取り上げています。

バイナリーオプションの税金は国内と海外でどう違う?それぞれの特徴を調べた結果

      2017/01/26

バイナリーオプションでも税金が発生します

国内と海外のバイナリーオプションって税金の計算方式が違うって知ってました?

案外これを知らない方って結構多いんですよね。

今回はそういった、国内と海外のバイナリーオプションの税金について詳しく解説させて頂きます。

国内でも海外でも基本的には税金が発生します

外為オプション等の国内のバイナリーオプションで利益が出た場合、確定申告が必要になる可能性が有ります。

本来の収入があり、それ以外に投資で得た利益があれば、それは雑所得となります。

収入を得たら必ず税金を払う義務があります

基本的に税金と言うのは、投資を行っていない人でも収入があれば税金を支払う必要があります。

たとえばサラリーマンの方でも、会社が天引きで税金を引いてくれているだけで、実際には払っているんです。

副業をしている人はその分ちゃんと申告しなければいけません。収入を得てるところをすべて合算して申告しなくてはいけません。

投資は申告分離課税になるのですが、これは国内投資に限られます。

バイナリーで結果を出したいあなたへ

バイナリーで勝ち続けるには『ペイアウト率が高く』『実績有る信頼できる』業者を選ぶ事がとても大事と言われています。

トレーダー達が選ぶ「ペイアウト率が高く実績ある」取引業者とは?

基本的には本業以外に20万円を超える利益がある場合に適用されると覚えているとよいでしょう。

海外のバイナリーオプション業者の場合は申告分類課税ではない

ちなみに海外口座で得た利益については申告分離課税は適用されません。

この制度の良いところは、損益を最大で3年間繰り延べできることと、本業の収入とは別で税金の申告ができます。

合算すると累進課税によって税金が上がってしまいますが、別々で申告できることで税金を低く抑えられるのです。

これは投資を行う上でとても重要ですね。

FXでもCFDなどでも同じですが、投資を行う場合に税金を常に気にかけ無くてはいけないのは疲れますね。

大きく利益を出してしまえば、どうしても税金は避けられません。こういった事を意識してして賢く節税を行って行くのがおすすめですよ。

関連記事

 - バイナリーオプションの基礎知識