バイナリーオプション業者評判ランキング~安心できる業者を厳選!

【バイナリーオプションの業者を評判から選ぶ!】数多くの「実際に取引している人」の評判を集めて、安心に取引できる業者のみを取り上げています。

バンドウォークの時には取引しない方が良い!正しい3つの注文タイミング

      2017/01/26

バンドウォーク

チャートを見ていると、バンドウォークと言う状態になることがあります。これは移動平均線やボリンジャーバンドなどに沿ってローソク足が並ぶ状況の事を指します。

少しずつ切り上げたり、少しずつ下がっていったりするのですが、大きな波もなく、ただじりじりと値が移動するので一定幅を歩くようだと言うことでこの名が付きました。

バンドウォークの時は注文すべきでは無く、その後がチャンス!

チャートの特性からすると、このような状態はトレードに不向きと言えます。 なぜなら、チャートと言うのは蛇行する性質があり、その押し目を狙うのが基本だからです。

上げているからと言ってどこでも入っていいわけではありません。 トレンドが発生し、上昇相場だと分かったら、少し値を戻したところがエントリーチャンスとなります。

そのような押し目も作らず、ただローソクが並んでるだけではエントリーするタイミングがつかみにくいのです。

このような現象はボリンジャーバンドで言う、エクスパンジョンの後に起こりやすいですね。

バイナリーで結果を出したいあなたへ

バイナリーで勝ち続けるには『ペイアウト率が高く』『実績有る信頼できる』業者を選ぶ事がとても大事と言われています。

トレーダー達が選ぶ「ペイアウト率が高く実績ある」取引業者とは?

バイナリーオプションでのバンドウォーク時の具体的な戦略

バイナリーオプションでこの現象を確認した場合、ある程度戦略は絞られます。 大きく値が動くことはありませんが、一定時間が経過したのちには、チャートの動いてる方へ確実に値が移動していると判断できます。

ですので、ハイロー、もしくはレンジで狙っていくと良いでしょう。 時間帯にもよりますが、あまり動かない時間だったらレンジが良いかもしれません。

スクイーズと言って、次のエクスパンジョンのためのエネルギーを貯めてる段階でもありますから、この間はトレードを控え、大きく動きだした時を狙うと言う方法もとれます。

こういった様に、バイナリーオプションは状況に応じた注文を考えて行うのがおススメですよ。

関連記事

 - 攻略法