バイナリーオプション業者評判ランキング~安心できる業者を厳選!

【バイナリーオプションの業者を評判から選ぶ!】数多くの「実際に取引している人」の評判を集めて、安心に取引できる業者のみを取り上げています。

大学生でもバイナリーオプションは取引出来る!始める前にこの2つの注意点を確認しよう

      2017/11/11

学生でもバイナリーオプション

学生の方が、バイナリーオプションをお小遣い稼ぎで始めようか考えていると方も多いのではないでしょうか。

けれどもバイナリ―オプションの年齢制限等が気になって取引を始めるのに二の足を踏んでいませんか?

口座を実際に開設する時には、身分証明を提出したりする必要が有りますが、

基本的には大学生でもバイナリーオプションの口座開設&取引は可能です。

今回はそういった、大学生の方がバイナリーオプションで取引を行う際に知っておきたい注意点などを詳しく解説しています。 これから取引を開始しようか検討されている方はご参考ください。

ハイローオーストラリアの評判 >> 大学生でもOK!ハイローオーストラリアで取引した人の評判をチェック

年齢はいくつからバイナリーは取引できる?国内だと20歳以上、海外は18歳以上

一応、国内では20歳以上と言う基準を設けているところがほとんど(全て)です。海外では18歳以上であれば大丈夫と言うところが多いですね。

金融商品を扱うので、成人でなくてはならないと言う事が主な理由です。そのため、国によって成人年齢が違うので、このような差が発生しているのです。

では、大学生でも口座を開設できるのかと言うと出来ます。学生でも問題はありません。実際のトレードも行えます。

割と時間のある大学生が、暇つぶしで始めたバイナリ―オプションで大儲けしたと言う話も時々聞こえてきますね。

バイナリーオプションは海外業者で有っても高校生(未成年)では基本的に行えません

上記にも記載しましたが、基本的にバイナリーオプションは未成年の方の利用は行えません(海外は18歳)。

なので、高校生の方がバイナリーオプションで取引を行うには、親御さんの名義で親御さんと一緒に取引を行う形になります。

年齢をごまかして取引を始めようとしても、パスポートや免許証、公共料金の支払い書等で確認を取るのでごまかす事も出来ません。

バイナリーで結果を出したいあなたへ

バイナリーで勝ち続けるには『ペイアウト率が高く』『実績有る信頼できる』業者を選ぶ事がとても大事と言われています。

トレーダー達が選ぶ「ペイアウト率が高く実績ある」取引業者とは?

大学生の方が忘れやすいのが、バイナリーオプションの税金!忘れずに確認を

ただ、注意しなくてはならないのが税金です。大学生の多くは親の扶養に入ってると思います。

もし年額の利益が38万円を超えると、扶養控除の対象から外れてしまうのです(住民税は33万円以上)。

ですので、アルバイトなどで年額103万円を超えないようにと注意してる人でも、株やFXのような投資の利益には詳しくないので、気が付いたときは税金の支払いが来てしまったと言う事もあり得ます。ここはよくよく注意して下さいね。

まあ、それ以上に大きく稼いでいれば問題は無いのでしょうけど。

バイナリーオプションは海外口座でも税金は必ず発生します!

大学生でも忘れてはいけないバイナリーの税金

海外口座と国内口座でもかかってくる税金の率と種類が変わるので、良く調べておきましょう。

結構誤った解釈をされている方が多いのですが、外国の会社を使ってるからと言って税金を逃れることは絶対に出来ません。

税金を逃れる事は犯罪ですから、悪質なケースになると逮捕される事も。

雑所得とみなされる20万円以上稼いだ方は、しっかりと申告をする様にしましょう。

大学生がバイナリーオプションで利益を出したらどの程度税金がかかる?

実際にどの程度大学生の方がバイナリーオプションで利益を出したら税金がかかるのか?

扶養を外れた38万円以上利益が出た場合には、5%~40%の税金が課税されてしまいます。

利益に応じて段階的に課税されてしまい、195万円以下の利益で有れば5%の課税で、逆に1,800万以上利益を出すと40%の金額が大学生でもかかります。

なので、こういった部分も加味した上で取引額の調整などを行う事がベストです。

関連記事

 - 豆知識